こんにちは! 住宅電材東海営業所、入社3年目の船田です。
今回のブログではハウジング営業部の紹介をさせて頂きます。

ハウジング営業部は日本電商の中でも2012年に設立された、比較的新しい営業部です。
ハウジングという名前の通り、得意先様は住宅(戸建住宅・アパート)を建てている会社になります。
全国展開の大手ビルダーから、地域に根差した工務店まで、さまざまなお客様がいらっしゃいます。

得意先様に販売する商品は、皆さんが家の中で普段から使っている、照明器具やスイッチ・コンセント類などです。
最近ではEV(電気自動車)用の屋外コンセントなんかも販売しています。

住宅会社様はいろいろな課題に取組まれたり、新しい事にチャレンジされています。
その為、省エネ住宅や耐震性能についての提案は勿論のこと、物流コスト削減や
残業時間の削減など、最近、ニュースでよく聞くキーワードについても提案を求められます。

ハウジング営業部はそんなお客様に対し、「お手伝い」出来るサービスを提供するため日々提案活動に取組んでいます。
私はまだまだ勉強中の身ですが・・・(笑)

そんなハウジング営業部ですが、過去のブログには各営業所の紹介記事が掲載されています!
営業所の普段の様子を紹介していますので、是非一読してみてください!

>> 住宅電材営業所のブログ記事

>> 住宅電材東海営業所のブログ記事

>> 住宅電材関東営業所のブログ記事

また、ハウジング営業部には、お客様からの受注を管理する『住宅業務センター』があります。
私も入社1年目はこの住宅業務センターで日々の業務について勉強させて頂きました。

住宅業務センターの業務内容は、ハウジング営業部の4営業所のお客様からの注文を
受注し、そして発注するというとても大切な業務を担当しています。ハウジング営業部の一大拠点です。
2017年10月から愛知県の住宅業務センター東日本と、大阪府の住宅業務センター西日本の2拠点になりました。

2017年に入社した村パートナーは、住宅業務センター東日本で頑張っている期待の新人パートナーです。
入社半年とはいえ、いまでは住宅業務センターにとって欠かせない存在となっています!癒し系として(笑)
住宅業務センターは女性が多い職場で、村パートナーは職場のアイドル的な存在です(笑)

<<電話応対中の村パートナー


お客様からの電話にもメモを取りながら、きっちりと対応しています。
電話対応は新入社員にとって大きな壁(?)のひとつですが、当社では半年間の仮配属中に丁寧な指導を受けながら、徐々に電話への恐怖心を取り除いていきます。
村パートナーは、今では電話が鳴る気配で受話器を取ってます(笑)
大阪出身の村パートナーは、今この名古屋で一人暮らしをしています。
えらい事に、外食ではなくちゃんと自炊しているという事なのです。
料理のレパートリーも増えて腕も上がってきているそうです。
今度、営業所のみんなでご馳走になりに行こうと計画しています。その時はしっかり頼むよ、村君(笑)

こんな感じで日々仕事に私生活に励んでいる村パートナーに少しだけインタビューしました!

質問 『入社したきっかけ』
村パートナー 『全員で考える「パートナーシャフト経営」が魅力的だと思えたからです。』

質問 『今やっている業務内容について』
村パートナー 『メーカーへの発注、お客様への納期回答、電話応対をしています。』

質問 『成功・失敗談』 
村パートナー 『成功→これから作っていきます!笑』
村パートナー 『失敗→小さなミスを時々してしまいますが、先輩方のフォローに助けられています!』

質問 『職場の雰囲気について』
村パートナー 『忙しいときもありますが、人数が多い営業所なのでいつも明るい雰囲気です。』

質問 『これからの目標』
“村パートナー 『現在の業務を覚えることと、商品知識を蓄積していくことです。』

以上、ハウジング営業部の紹介でした!
これからもお客様の為に営業部一丸となって頑張っていきます!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます<(__)>