皆さま、はじめまして。
日本電商2016年度入社の北村歩夢と橋本華奈です。
私達、新入社員一同は7月6日(水)大阪のトレードセンター前にあるATCホールで開かれたパナソニックES社主催の商品研修会に参加してきました。

研修会は、パナソニック製照明器具の用途や仕組み、必要性について教えて頂きました。普段からなにげなく見ている照明器具ですが、様々な種類があり、利用する状況や時間帯により色温度を変える事で、驚くほど雰囲気が変わる事を教えて頂きました。

th_2016-053

昼光色は夏場や朝方に涼しげな雰囲気を演出する色として用いられ、電球色は冬場や夕方に温かくくつろげる雰囲気を演出する色として用いられると学びました。

パナソニックの商品展示会(NEW BOX 2016)見学では、LED照明器具の新商品の見学を行いました。実際に照明の配光や色温度の変化を見ることができ、先ほど、学んだ事を、この目で見る事が出来ました。

th_2016-057

照明器具の見学が終わると、各自が自由に商品のブースに行き見学しました。
照明器具だけでなく様々な商品があり、営業所の倉庫で見ていた商品がこのように使用されるのだと勉強になることが多かったです。
住宅用火災報知機のブースでは、火災が起きた時にワイヤレスで他の部屋に知らせることが出来ると教わりました。また、親機1台で子機を14台まで設置が出来ますので、火災事故での一番の被害原因である逃げ遅れを防ぐことができると学びました。
太陽光パネルのブースでは、実際に組み立てる所を見学することができ、あまりにも簡単に取り付けができていたので驚きました。

th_2016-061

展示会には照明器具だけでなく、防犯システムや太陽光パネルなど様々な商品がありました。
展示されているだけでなく商品について説明もして頂き大変勉強になる研修会となりました。

th_2016-063

北村 歩夢

今回のパナソニック商品研修では、照明器具の中でもLED照明を中心に教わりました。
勉強会ではLED照明の特徴や色温度、演色性などを教えてもらいました。
普段何気なく見ている照明ですが、色温度や配光を変えることで物の見え方や部屋の雰囲気がこんなにも変わるのだと驚きました。
商品展示会(NEW BOX)見学では、まず会場の大きさや商品の豊富さに驚きました。新商品の温白色のLED照明などでは、用意された部屋の中でどのような光になるのかを見ることができ印象的でした。また、一台の照明機器で複数の種類の色温度を出すことができる商品もあり便利だなと感じました。「光色体感シミュレーション」のブースでは、電球色と昼白色の間である温白色の色を実際に用意された部屋の中で色の変化を見ることができ、部屋の雰囲気の違いを体感できて良い経験ができました。
展示されている商品には省エネ商品が多いと感じました。前回のパナソニック研修で学んだ「ZEH」を意識しているのだと感じ、これからの商品の特徴が伺えました。
今まで照明は明るいか暗いかということしか意識していなかったのですが、今回の研修では今まで意識しなかった視点で照明の光について勉強できて良かったです。

橋本 華奈

パナソニックショールームを見せていただけるのは2回目です。
NEW BOXって、どんな展示場なんだろうということにも興味がありましたが、同期たちに再会できることも楽しみのひとつでした。

NEW BOXの中は、照明器具、電気設備、内装外装、水回り設備など種類も幅広く、数えきれないほどの商品がありました。
中でも主力商品であるLED照明は、本当にたくさんありました。
ペンダントライトのコーナーでは、有名ブランドとコラボしたデザイン性に優れたかわいい物や、シックなものなど幅広いデザインの商品があり眺めているだけで楽しかったです。

たくさんの商品の中で、私が気になったのはグリルとIH調理器具です。
掃除が面倒なイメージのあるグリルですが、庫内がフラットで、扉の取り外しも簡単なので掃除しやすくなっていました。最大の特徴は天井の油汚れを焼切るセルフクリーン機能がついていて「ほとんど掃除しなくても良いかも」と思いました。
実演で食パンを焼いてもらいましたが、外はパリパリ中はふわふわで、グリルで焼いたようには思えませんでした。
光火力センサーを搭載したIH調理器具も、見せてもらいました。
鍋底の温度をすぐ判断できるようで、フライパンを置いたり離したりすると温度計の数字が上がったり下がったり、温度をすぐ目で確認することができていいなぁと思いました。

品番でしか知らなかった商品を、実際に見ることが出来たので、明日からこの商品がお客様の手元に届いているのだという実感もって仕事をする事が出来ます。
研修後は、商品イメージを持って、仕事を行うことができるようになりました。
これからは、自分でカタログを見たりして、商品知識を深めて楽しみながら仕事に取り組みたいと思います。