最近、自宅の郵便ポストに「焼き肉屋」のチラシが頻繁に投函されます。
よくよく見るとすべてテイクアウトに的を絞ったチラシです。

焼肉弁当の広告だけではなく、最近は生肉を主体としたBBQのテイクアウトセットが散見されます。上質なお肉がスーパーや精肉店で購入するよりも安価で手に入り、消費者としてもお得感が満載です。目先の売り上げ確保をはかるだけではなく、テイクアウトで満足頂いた消費者がその後、お店にも足を運んでくれる効果も期待できます。
今まで誰も考えもつかなかったビジネスモデルです。

新しいビジネスモデルといえば最近はキッチンカーでの移動販売が盛況とのこと。
店舗にお客様が来てくれないのなら、店舗ごと移動してお客様の近くまで移動してしまおうとの発想ですね。開業資金が通常の店舗を構えるよりも抑えることが可能で、保健所の許可が下りれば誰でもすぐに開業できるのが大きなメリットだそうです。

家賃もかからず、固定費の割合も少ないため、リスクの少ないビジネスモデルです。
今では、このキッチンカーでの開業をサポートするビジネスも盛況だそうです。

話は変わりますが、皆さんは福知山市のふるさと納税の面白い手法をご存じでしょうか?
福知山市といえば明智光秀の居城であった福知山城が有名です。

NHK大河ドラマの「麒麟がくる」で一気に観光地として知名度アップを狙っていましたが、新型コロナウイルスの影響でその目論見も泡と消える・・・筈でしたが、福知山市は知恵を絞りました。

クラウドファンディング型のふるさと納税でサポーターを募集したのです。
その返礼品とはなんと明智光秀からの信頼の証として【本能寺の変お知らせハガキ】が届くそうです。

葉書の表題は「謀反に関する大切なお知らせ」となっており、差出人はもちろん明智光秀。公的団体の葉書風に表現されております。開封すると「謀反予定欄」や「ご準備頂くもの」などが記載さえており、とてもユーモアに溢れた内容で、ファンならずとも取り寄せたい一品です。

なお、注意書きとして「謀反後、天下を取る場合がございますが、長期政権を保証するものではございません」が記載されているのも笑いのポイントです。すでに寄付の申し込みは終了しましたが、このアイデアは素晴らしいものです。

我々も知恵を絞ってお客様に喜んでもらえるような販売手法や取り組みを行ってまいりましょう。

もちろん私も寄付をした一人です。日々、【本能寺の変お知らせハガキ】が届くのを楽しみに待っています。