こんにちは!第52期新入社員のKD、NS、NY、YN、KY、FSです。
先日、大阪府門真市にあるパナソニックミュージアムを見学してきました。
館内前に創業者である松下幸之助さんの銅像がありました。

その後二班に分かれて館内見学を行いました。パナソニックミュージアムは『ものづくりイズム館』と『松下幸之助歴史館』に分かれていました。『ものづくりイズム館』では入り口を入ってすぐのところに僕たちの知らない昔懐かしい家電が展示されていました!当時実際に使っていた方は絶対に「懐かし~」ってなること間違いなしです!

そして、廊下を進むとテレビとラジオの第一号商品から現代の商品までが、ずらっと並んでおり映像も投影されていたため、まるでテレビとラジオのタイムマシンのようでした。
昔のテレビは分厚く大きく、画像は白黒でしたが、現代の液晶テレビのカラーと薄さを比較すると全然違うので驚きました。
廊下を抜けると広い部屋の中に『 くらしに「家事楽を、自由を、安心を、感動を、思いやりを、新定番を」 』という六つのテーマに沿った家電がたくさん展示されていました。

場所は変わって『松下幸之助歴史館』では松下幸之助さんが生まれてから亡くなるまでの94年の歴史の中での人生観や経営観がパネルを使って紹介されていました。

そのパネルの近くには30枚の松下幸之助のことばカードが設置されており、松下幸之助さんの人生観や経営観をいつでも読み返すことができます。私たちも見学しながら30枚全て集めました。
ちなみに私が一番好きな言葉は「まず好きになる」です!

『松下幸之助歴史館』はパネルだけでなく映像や資料、創業の家を再現したリアルな展示もされていました。
パナソニックの商品と創業の歴史と創業者の考えを知ることのできる素敵な博物館で沢山新しい知識を得ることができました。

そして、どのように会社が大きくなり、苦難を乗り越えてきたのか、今の商品は昔どんなものだったのかなど知識を身につけることができ、いい体験になりました。

また、みんなで集めた松下幸之助さんの言葉カードは、1冊の本のようにまとめてもらいました。大切に保管して読み返したいと思います。

今回の研修で学んだことや、松下幸之助さんの言葉を忘れずこれから社会人として、日本電商の社員として頑張っていきます!