皆さん こんにちは 住宅業務センター加藤愛子です。

2021年3月下旬、第7回女性活躍推進プロジェクトが開催されました。
今回が今期メンバーでの最後の会合となりました。

働きやすい会社、会社を辞めさせない取り組みとは。というテーマに沿ってグループディスカッションを行い、2つのグループに分かれて討論を行いました。

★育休・産休、福利厚生の見直しグループ
☆人間関係についてのグループ

★育休・産休、福利厚生の見直しグループでは子育てをしながら働くことの大変さ、感じることなど様々な意見がでました。
住宅業務センター内でも子育て真っ最中ママさんパートナーが何人もいます。
お子さんの病欠や学校行事など母としての役割は沢山ありますが、それでも《働く》という意義をみつけて皆さん頑張っておられます。
それぞれ環境の違いもあります。どんな時も会社に相談ができる仕組みが出来ると良いな。と思いました。

☆人間関係についてのグループでは交流会の開催、SDGsに絡めた取り組み方法、以前あった女性だけで集まる意見交流会などこちらも様々な意見がでました。
一日の中で大半を過ごす職場がつらいものであるとプライベートも楽しくなくなってしまいますよね!
日本電商には日々の悩みも聞いてもらったり、楽しい交流の場があるんだ!
と思えたらもっと働きやすいですね。

まとまった会社に対しての提言はこちらです。
①育休・産休について
・妊娠期間中からの時短勤務の見直し
・復帰後、時短勤務は1年が現状だが最長2年にしての選択制
・様々な環境の違いから、最長2年にして時間の調整を個人で行える
・個人で抱えている働き方について相談できる仕組み作り
②福利厚生について
・誕生日月に特別有給休暇として必ず1日休める制度
③人間関係について
・女子会や他営業所とのコミュケーションの場を増やす。3ヵ月に1回を目安に各営業所1人のペース参加で女子会を開催する
・上司との対話出来る時間が少ない。を解消する為にフィードバックとは違う形で相談できる機会を作れるようにする

山中社長より『提言については前向きに検討していきます!』というお言葉を頂けました。
特別休暇に関しては、福西課長が面白い案を作って下さる。とのことです!
楽しみですね!!

今回このプロジェクトに参加させて頂いたことで、自ら考え、自ら発言し、まとめていく。ということの大切さを学ぶことができました。
皆で一緒に考え会社を盛り立てていくような活動ができたこと、とても楽しかったですし、良い経験をさせて頂きました。

今回で一旦プロジェクトは終了ですが第2回目も継続する予定とのことです。
社長と直接対話して意見交換ができ、他営業所との皆さんと繋がり合える絶好の場所です。

是非皆さんも【女性活躍推進プロジェクト 略して“ジョカツ“】に参加してみては如何でしょうか・・・!!

一年間、アンケートなどにご協力頂きまして有難うございました!!